どうも、私です。

 御城プロジェクト:RE。


 安定の 10個。
1
 霊珠、最大 1,000個当たる的なキャンペーンでしたっけ。

 最低 10個でも、
 もらえるだけでもありがたいが……寂しいなぁ。




 さて、イベント後半戦のこと。

 一瞬スポーツゲーでもやってるのかと、
 錯覚するほどアレでした。冗談抜きに。


   ――――――

■白竜バスターズ!- 結 -(難)

 いてぇ。
1-1
 あのムチを振るう兜、
 見た目そんなに強くなさそうに見えて、
 いざ攻撃を食らうと思った以上に痛くてビビっちまう。


 さすがにここでつまずく戦力ではないですね。
1-2
 それにしてもあの力士、
 腹に楽器のドラムを抱えてるように見えて仕方ない。

 初めて見た時なんか、
 ドラム鳴らすバフ兜かと思ったぐらいです。





■白竜バスターズ!- 絶弐 -(普通)


 詰め込まれてんなぁ。
2-1
 2行目の半分ぐらいまで読んで流しました。

 とりあえずなんかくっそ強そうだし、
 無策で射程に入ったら死ぬぞ、って事だな!


 初見は聚楽城でやっぱり崩壊。
2-2
 崩壊と言いつつ、
 近接がちょっと落ちた程度でした。


 が、その後の暴走族が処理しきれず。

 おかげで平安京が吹っ飛ばされて、
 初めて見た大破絵に別の意味で驚いたのは、また別の話。


 暴走族、室内を平然と走ってる……。

 絶壱と比べると、
 自然と出現位置に戦力が集中するのと、
 無理なく狙えるから、楽な方かなーと思う。


   ――――――

 絶弐(普通)リトライ。


 おk。
2-3
 聚楽城はもう古河城の足止めと、
 二条城、シャンティイ城の計略で倒してしまう事に。

 しっかしとんでもない威力だ。
 鉄製なんじゃないか、あのシャトル。


 難しいを視野に入れるのなら、
 近づかせずに削り切るのは、このメンツだと無理そうなのでー。

 私の戦力だと淀城のダメージカット計略で、
 攻撃を耐えて倒すのが無難かなぁ。


 番長も結構 怖いなー。
2-4
 怖くはありますけど、
 一瞬の操作ミスで死にかねない聚楽城と比べれば、
 攻撃間隔が長いぶん屁でもないなー。


 ラストはダメ計略ラッシュ。
2-5
 狙って攻撃できるってのは、やっぱり便利。





■白竜バスターズ!- 絶弐 -(難しい)


 3回リトライしまして、4回目で突破。


 編成はこんな感じに。
4-1
 すごく使いたかったので、二条城を投入。

 本当はシャンティイ城を外したかったが、
 計略を多用する都合上、気不足が深刻だったのでやむなく。



 問題の聚楽城。
4-2
 聚楽城の攻撃は、最初はターゲット誘導で時間稼ぎしときました。

 二条城に 2回攻撃させたあと、
 気トークンを配置し、攻撃をそらして時間稼ぎ。

 そしてカナボンに淀城の計略をつけ、
 墨俣一夜城の計略で援護し、撃破。


 後々思ったがこのやり方なら、
 盾にする必要なかったっすね。

 何なら刀や槌にして攻め手を増やし、
 急いで倒す方が被害を減らせたし、後々楽にもなったか。


 あわわわ。
4-3
 暴走族ラッシュ、舐めてました。

 上側は何とかなりそうかなーと様子見してたら、
 処理しきれず、慌てて計略を使った場面。


 下側はカナボンがタックルされるので、
 淀城の計略でカバーしてますが……。

 計略をつけても目に見えて耐久が減るから、
 ホント受けちゃダメな敵だなー……。


 脇道から現れる暴走族は、
 上部からの援護が届くのもあり、余裕でした。


 番長。
4-4
 淀城の攻撃が届くようになったら、
 古河城の計略で止めて、さらにダメ計略を重ねて撃破。

 何の兜がベースになってるのかと思ったら、
 巨大な刀で薙ぎ払ってくる、アイツか。


 あ、ごめん。
4-5
 結局、一回も攻撃させずに終わってしまった。




 前半の様子はこちら。





 絶弐もなんとかなりました。
4-7
 いずれは軽く制限を設けてプレイしていきたいが……。

 ぶっちゃけ今の状態で既に、
 軽い制限プレイになってる気もします。

(★7 ほぼ未改築、かつ地形一致縛り)


 いずれはイベ城入手形式のイベントなら、
 好きな城でゆっくり遊べるようにしたいな。



 とりあえず趣味編成で、
 平、平山、山の編成を作るところからだなー。

 そんな感じでした。